Access のソフトを購入するとどれくらいの 価格 がしますか?

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Access を新しいバージョンを利用したい場合、どのAccess製品を選んだら良いのでしょうか? この記事では、単体 Access と Excel 、Word 、Outlook などのソフトを一つにまとめたOfficeのそれぞれの製品を 価格 とご購入方法についてご説明いたします。

Access のソフトを購入するとどれくらいの 価格 がしますか?

Access(アクセス)とは?

Access(アクセス)は、大量のデータを加工や分析して管理できる「データベース管理ソフト」です。ワードとエクセルまで広く使えないが、使い方を覚えておくと、データの保存場所、抽出、集計、結合、データの入力、表示、表示、印刷などのとき便利です。Accessは簡単にも使えるし、難しくも使えるソフトです。同じ事を実現するのに何通りも方法があります。作る人のレベルに合わせて使うことができる面白さがあります。

データベースとは

「データベース」とは、大量のデータ整理して保存し、利用するためのツールです。データは表(テーブル) 形式で蓄積・保存され、テーブルから必要なデータを取り出して集計したり、テーブルにデータを追加したり して、蓄積されたデータを利用します。

Access (アクセス)の 価格 とご購入方法

Access を使うためには Access のソフトを購入する必要がありますがいくつの方法があります。

2019年の9月30日に発売された「Office 2019」とともに、最新版の Access は「Access2019」です。Word や Excel とセットになった製品もあります「Access2019」のみで購入できます。ここお勧めしたい のはセットで購入方法です。

Access が含まれている Office のエディション Access は単体で購入できますが、他のOffice製品と一緒に購入する場合は、次のエディションを選んでください。

プレインストール版 Office Professional 2019

プレインストール版の Office Professional 2019 は搭載PCのみで Word 、Excel 、Outlook 、PowerPoint 、OneNote 、Publisher 、 Access を永久に使えます。毎年お金を支払う必要がなく、購入したパソコンが壊れるまで使い続ける。

参考価格は、プレインストール版 Office Professional 2019 が34,800 円、

Office 365 Solo

Office 365 Solo は、毎月又は年間でお金を払って、Word 、Excel 、Outlook 、PowerPoint 、OneNote 、Publisher 、 Access を利用できます。Windows または、Mac のパソコン5台、5台のタブレット、5台のスマートフォンでインストール台数無制限(同時使用可能台数5台)ほか「1テラバイト」の OneDrive 、skype 、60分無料、Officeテクニカルサポート があります。

Office365 solo は WindowsとMacを使えるですがAccessはWindowsのPCのみ使います。

参考価格は、Office 365 Solo 月間契約:1,274円(月)年間契約:12,744円(年)

Office Professional 2019の永続ライセンス版

Office Professional 2019 はWindows PC 向けの 1 回限りの購入製品です、
従来のアプリの 2019 版: Word 、Excel 、PowerPoint 、Outlook 、Publisher 、 Access など1つのライセンスで2台までインストールできます。

Office Professional はさらに Publisher や Access も使えるようになっています。
Publisher は簡易的なDTPソフトとしてカタログやチラシの作成に使われることが多く、
Accessはデータベースとして使われます。デザイン系の作業やプログラミングなどの使い方をする方には OfficeProfessional を選択してみてください。

参考価格は、Office Professional 2019が65,784 円、

Microsoft Access 2019 単体

Microsoft Access 2019 はデータベース管理ソフトです。
使用人数:1人/使用年数:永続/PC使用台数:2台まで使用可能。 価格 : ¥14,938

Accessだけでよければ単体で購入することもできます。

単体なので価格も安くすみます。ただし、Office365 のように自動でバージョンアップされないため、購入後は Office2019 のままとなります。
新機能が追加されないうえに、次のバージョンを使いたい場合は再度購入する必要があります。

Access 2019 の新機能

Access 2016 からアクセス 2019 年までアップグレードする場合は、すべての機能を使用しているは引き続き聞こえます- し、新規にもいくつかがわかります。

新しいグラフでデータを視覚化

11 新しいグラフを選択し、フォームやレポートに格納されているデータを理解しやすきます。 フィールドをチャートのサイズに合わせ、すぐに変更をプレビューします。

縦棒グラフ

縦棒グラフでは、横軸に沿ってカテゴリ ([軸 (カテゴリ)] プロパティ) が表示され、縦軸に沿って値 ([値 (Y 軸)] プロパティ) が表示されます。

折れ線グラフ

折れ線​​グラフでは、カテゴリが横軸 ([軸 (カテゴリ)] プロパティ) に沿って均等に分散され、値が縦軸 ([値 (Y 軸)] プロパティ) に沿って均等に分散されます。

円グラフ

円グラフでは、カテゴリは円のスライス ([軸 (カテゴリ)] プロパティ) として示されます。 データ値 ([値 (Y 軸)] プロパティ) は、円として示される全体に対する割合として加算されます。

Access で複合グラフ

複合グラフは、2 つ以上のグラフの種類 (集合縦棒グラフと折れ線グラフなど) を結合して、異なるが関連性のあるデータを説明します。

最後に

Access は同じ作業をするには、作る人のレベルに合わせて使える簡単な方法と難しくも使える方法があります。 なお、Accessで作成したデータベースファイルをネットワーク上で共有するとき、パフォーマンスが落ちたり、 動作が不安定になったりする場合があります。複数のパソコンから安定した環境でデータベースを使うには、Microsoft SQL Serverなどのデータベース サーバー製品を導入するをおすすめします。
また、Access2016 と 2019 の互換性がないため、異なるバージョン間でデータベースファイルを使用すると、動作が不安定になる場合があります。

人気記事

Tags