初心者向け解説!Microsoft Officeソフトの選び方とおすすめポイント

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Microsoft Officeソフトは、ビジネス、教育、日常生活において欠かせないツールです。しかし、初心者にとって「どのOfficeソフトを選べば良いのか」と悩むことが多いでしょう。

Officeソフトは、文書作成、データ管理、プレゼンテーション作成、メール管理など、さまざまな作業を効率的に行うことができます。

結論から言うと、今から購入するのであれば、長期間使用できる買い切り版のOffice 2021がおすすめです。

この記事では、Microsoft社が提供するOfficeソフトについて、初心者向けにわかりやすく解説します。

Officeソフトとは?

Officeソフトの概要

Officeソフトは、文書作成、表計算、プレゼンテーション作成、メール管理、データベース管理など、さまざまな業務や学習に使用されるソフトウェアの総称です。Microsoft Officeは、その中でも特に人気が高く、幅広いユーザーに利用されています。

Officeソフトの買い切り

買い切り型のOfficeソフトは、一度購入すれば追加の費用がかからず、継続して使用できます。

例えば、Microsoft Office 2021は一度購入すれば、永久に使うことができますが、新しいバージョンが出た際には、再度購入する必要があります。

買い切り型のOfficeソフトは、長期的に使用する場合にコストを抑えることができます。

買い切り型のメリットとデメリット

メリット

  • 長期間使用する場合、コストを抑えられる。
  • インターネット接続がなくても利用可能。
  • サブスクリプション料金が不要。

デメリット

  • 新しいバージョンが出た際には再購入が必要。
  • 最新の機能やアップデートが利用できない。

無料のOfficeソフト

Microsoft社の提供する無料のOfficeソフトもあります。

Microsoft Office Onlineは、インターネットを通じてブラウザで利用できるOfficeソフトで、Word、Excel、PowerPointなどの基本的な機能を無料で利用できます。

ただし、無料版は機能が制限されており、インターネット接続が必要です。

無料版のメリットとデメリット

メリット

  • 初期費用やサブスクリプション料金が不要。
  • 基本的な機能を利用できる。
  • どこからでもアクセス可能(インターネット接続が必要)。

デメリット

  • 機能が制限されている。
  • インターネット接続が必要。
  • 高度な機能やオフラインでの利用には不向き。

MacでのOfficeソフト

 Macで使えるOfficeソフト

Microsoft Officeは、Macユーザー向けにも提供されています。Mac用のOfficeソフトには、Windows版と同様の機能が含まれており、特にデザインや操作感がMacに最適化されています。

Microsoft 365はMacでも利用できるため、Appleユーザーにも人気があります。

Officeソフトは必要か?

Officeソフトが必要かどうかは、使用する目的によります。以下に具体的な使用シーンを挙げます:

  • ビジネス用途:レポート作成、データ分析、プレゼンテーション作成、メール管理など、日常業務に不可欠です。
  • 教育用途:学生や教師がレポートや課題を作成する際に使用します。
  • 個人利用:家計管理、プロジェクト計画、履歴書作成などに役立ちます。

Officeソフトの種類

Microsoft社の提供する主要なOfficeソフトには以下のものがあります:

Word:

文書作成ソフト。レポート、手紙、パンフレットなどを作成できます。

Excel:

表計算ソフト。データの整理、分析、グラフ作成が可能です。

PowerPoint:

プレゼンテーション作成ソフト。視覚的に魅力的なスライドを作成できます。

Outlook:

メールおよびスケジュール管理ソフト。メールの送受信、予定表の管理ができます。

OneNote:

デジタルノート作成ソフト。メモやアイデアを整理できます。

Microsoft Officeソフト

Microsoft Officeは、世界中で最も広く利用されているOfficeソフトウェアのスイートです。

ビジネスシーンや教育現場での利用が非常に多く、その強力な機能が評価されています。

Microsoft 365は、これらのアプリケーションをサブスクリプション形式で提供しており、常に最新のバージョンを利用できます。

Microsoft 365のメリットとデメリット

メリット

  • 常に最新のバージョンが利用可能。
  • 1TBのOneDriveクラウドストレージが含まれている。
  • 複数のデバイスで同時に利用可能。
  • 定期的な機能アップデートとセキュリティパッチが提供される。

デメリット

  • 長期的にはコストがかかる。
  • インターネット接続が必要な場合がある。

おすすめのOfficeソフト

初心者には、Microsoft 365 Personalをおすすめします。これはサブスクリプション型で、常に最新のOfficeアプリケーションを利用できるほか、1TBのOneDriveクラウドストレージも含まれています。

ビジネス向けには、より多くの機能を提供するMicrosoft 365 Business Standardがおすすめです。

Officeソフトの価格

  • Microsoft Office 2021(買い切り型):約25,000円から
  • Microsoft 365 Personal(サブスクリプション型):月額1,484円(税込)
  • Microsoft 365 Family(サブスクリプション型):月額2,100円(税込)
  • Microsoft 365 Business Standard(サブスクリプション型):月額1,360円(税込)

選び方のポイント

  • 使用目的:ビジネス、教育、個人利用のいずれに重点を置くかで選ぶソフトが変わります。
  • 予算:長期的に使用する場合は買い切り型、常に最新の機能を使いたい場合はサブスクリプション型がおすすめです。
  • 機能:必要な機能が含まれているかを確認しましょう。例えば、データ分析が重要ならExcelの機能が充実しているものを選びます。
  • 互換性:他のデバイスやユーザーとのファイル互換性を考慮しましょう。特にビジネスで使う場合は、広く使われているMicrosoft Officeが安心です。

まとめ

Microsoft社の提供するOfficeソフトは、ビジネスや教育、個人利用において不可欠なツールです。

買い切り型とサブスクリプション型の選択肢があり、無料版も存在します。自分のニーズや予算に応じて最適なOfficeソフトを選び、日々の作業を効率化しましょう。

人気記事

Tags