Windows 11でOfficeを無料で利用するためのベストな方法

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Windows 11のリリースに伴い、Microsoft Officeの利用について多くの関心が寄せられています。

新しいOS環境でのOfficeの使い方やライセンスの取り扱いについて、疑問や問題に直面することがあるでしょう。

本記事では、Windows 11にOfficeが含まれているかどうか、Office 2021のインストールと認証の方法、そしてトラブルが発生した場合の対処法について詳しく解説します。

Windows 11にOfficeが含まれているか?

Windows 11にOfficeが含まれて

Windows 11は、Microsoftがリリースした最新のオペレーティングシステムです。しかし、一般的にWindows 11にMicrosoft Officeが含まれているわけではありません。

Microsoft Officeは別途購入する必要があります。ただし、一部のPCメーカーは、新しいWindows 11搭載のPCにOfficeの試用版やライセンスをバンドルして提供することがあります。

PCを購入する際には、Officeが含まれているかどうかを確認することが重要です。

Windows 11にOffice 2021が含まれているか?

Office 2021は、Microsoft Officeスイートの最新バージョンです。Windows 11には、Office 2021がデフォルトで含まれているわけではありません。

Office 2021を利用するためには、別途購入してインストールする必要があります。

以下は、Office 2021をインストールするためのステップです:

購入

Microsoftの公式サイトや認定リセラーからOffice 2021を購入します。

ダウンロード

購入後、Microsoftのサイトからインストールファイルをダウンロードします。

インストール

ダウンロードしたファイルを実行し、画面の指示に従ってインストールを完了します。

ライセンス認証

インストールが完了したら、プロダクトキーを入力してライセンスを認証します。

Office 2021の購入には、個人向け、ビジネス向け、教育機関向けなど、さまざまなバージョンがありますので、自分のニーズに合ったものを選択してください。

Windows 11でOfficeを無料で 使う方法

Microsoft Officeは、多くの人々にとって不可欠なツールですが、その費用が負担になることもあります。しかし、Windows 11を使用している場合でも、2つの方法でOfficeを無料で利用することができます。 それぞれの特徴を見ましょう。

Office Online

Office Onlineは、Microsoftが提供する無料のWeb版Officeスイートです。インターネットブラウザを通じて、Word、Excel、PowerPointなどの主要なOfficeアプリを無料で使用することができます。

Office Onlineを利用するには、Microsoftアカウントが必要です。

利用手順:

Microsoftアカウントにサインイン

Office.comにアクセスし、Microsoftアカウントでサインインします。

アプリを選択

サインイン後、使用したいOfficeアプリ(Word、Excel、PowerPointなど)を選択します。

作業開始

アプリがブラウザ上で開きます。ここで、新規ドキュメントの作成や既存ドキュメントの編集が可能です。

学生・教育機関向けの無料ライセンス

多くの教育機関では、学生や教職員向けに無料のMicrosoft 365ライセンスを提供しています。このライセンスには、Word、Excel、PowerPointなどのデスクトップアプリケーションが含まれています。利用するには、教育機関のメールアドレスを使用してライセンスを取得します。

Windows 11にOffice付きのノートパソコン

多くのPCメーカーは、Windows 11とMicrosoft Officeがプリインストールされたノートパソコンを提供しています。これらのノートパソコンは、購入後すぐにOfficeを利用できるため非常に便利です。

Office付きノートパソコンのメリット

  • 購入後すぐにOfficeアプリケーションを使用できる。
  • : バンドル版は個別に購入するよりもコストが抑えられることが多い。
  • PCメーカーが提供するサポートを受けられるため、トラブル発生時にも安心。

購入時の確認ポイント

  • どのバージョンのOfficeが含まれているか確認します。通常、Home & Student、Home & Business、Professionalなどのエディションがあります。
  • 試用版ではなく、フルライセンスが付属しているか確認します。
  • Officeのサポート期間が明示されているか確認します。

Windows 11でのOfficeのライセンス認証

Windows 11でMicrosoft Officeを利用するためには、ライセンス認証が必要です。ライセンス認証は、ソフトウェアが正規品であることを確認するために行われます。

ライセンス認証の手順

Officeのインストール:

Officeをインストールします。インストール方法は、購入したOfficeパッケージに同梱されているインストールガイドに従います。

プロダクトキーの入力

インストールが完了したら、プロダクトキーを入力します。プロダクトキーは、Officeの購入時に提供されます。

オンライン認証

プロダクトキーを入力すると、自動的にオンライン認証が行われます。インターネット接続が必要です。

認証の完了

認証が完了すると、Officeのすべての機能が利用可能になります。

Windows 11でOfficeが使えない場合の対処法

Microsoft OfficeがWindows 11で使えなくなると、作業に大きな影響を与える可能性があります。以下に、Officeが使えない場合の具体的な対処法を紹介します。

ソフトウェアの更新

Officeの最新バージョンに更新することで、多くの問題が解決します。Officeアプリケーション内から、アップデートを確認してインストールします。

再インストール

Officeが正常に動作しない場合、再インストールを試みることが有効です。以下の手順で再インストールを行います:

  1. アンインストール: コントロールパネルからOfficeをアンインストールします。
  2. 再インストール: インストールメディアやMicrosoftの公式サイトから再インストールします。
  3. ライセンス認証: 再インストール後、プロダクトキーを入力してライセンス認証を行います。

修復機能の利用

Officeには、インストールされているプログラムを修復する機能があります。以下の手順で修復を行います:

  1. コントロールパネルを開く: Windowsのスタートメニューから「設定」を開き、「アプリ」を選択します。
  2. Officeを選択: インストールされているOfficeを選択し、「変更」をクリックします。
  3. 修復を選択: 表示されるオプションから「修復」を選択し、画面の指示に従って修復を行います。

Windows 11でOfficeが消えた場合の対処法

Microsoft Officeが突然消えた場合、作業に支障をきたすことがあります。しかし、心配する必要はありません。

以下に、Windows 11でOfficeが消えた場合の具体的な対処法を紹介します。

7.1 インストールの確認

まず、Officeがアンインストールされていないか確認します。コントロールパネルや設定からインストール済みのアプリを確認し、Officeがリストにない場合は再インストールを行います。

7.2 システムの復元

システムの復元を使用して、システムを以前の状態に戻すことができます。以下の手順でシステムの復元を行います:

  1. システムの復元を開く: スタートメニューから「システムの復元」を検索し、起動します。
  2. 復元ポイントの選択: 以前の復元ポイントを選択し、システムをその時点に戻します。
  3. 復元の実行: 復元を実行し、完了するまで待ちます。

Microsoftサポートへの問い合わせ

自力で解決できない場合は、Microsoftのサポートに問い合わせることをお勧めします。

サポートチームは、詳細なトラブルシューティングを提供し、問題を迅速に解決するためのアドバイスをしてくれます。

まとめ Windows 11でOfficeを無料で利用するためのベストな方法

Windows 11でのMicrosoft Officeの利用について、基本的な情報からトラブルシューティングまで、幅広くカバーしました。OfficeがWindows 11に含まれているかどうか、Office 2021のインストール方法やライセンス認証の手順、さらにはOfficeが使えない場合や消えた場合の対処法について詳しく解説しました。

これらの情報を活用して、Windows 11とOfficeの組み合わせを最大限に利用し、快適な作業環境を整えてください。

人気記事

Tags