誤解がちな Office 365のインストール台数!15台とは?

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Office 365は1ユーザー最大15台のデバイスにOfficeソフトをインストールできますが、PC用Officeが15台ということではありません。Office 365のインストールできるデバイスを紹介します。

Office-365-インストールできる台数

Office 365の説明ブログなどを読んで、「1ユーザーでPC or Mac用のOfficeデスクトップアプリケーションが15台まで使える」と考える方もいらっしゃるかもしれません。

実は、Office 365のインストールできる台数は、PC(Windows/Mac)5台+スマートフォン5台+タブレット5台のように、合計で15台ということです。

また、Office 365のすべてのプランが15台ではなく、「Office 365 ProPlus」、「Office 365 Business」などの法人向けプランができます。個人向けのOffice 365 SoloはPC(Windows/Mac)2台+スマートフォン2台+タブレット2台のように、合計で6台です。

以下はOffice 365で提供されるOfficeアプリケーション/アプリの利用上限数を紹介します。

Office 365で一番多い勘違いは、PC(Windows/Mac)5台です。こちらをOffice 365は Windows版 5台、Mac版 5台に同時にインストールできると理解すると間違いです。

Office 365のPC(Windows/Mac)5台というのは、
例えば、Windows 3台 + Mac 2台
のように、WindowsとMacを合わせて5台ということです。

これと同じに、スマートフォン5台というのも、Android とiPhoneを合わせて5台です。

タブレット5台とは、AndroidタブレットとiPadを合わせて5台ということです。

同じように、

個人向けのOffice 365 Soloについて、1ユーザーにつき最大2台のデバイスでインストール可能と思う方が多くいるでしょう。

これも勘違い。

Office 365 Soloは、PC(Windows/Mac) 2台+タブレット2 台+スマートフォン2 台のように、それぞれ最大2台、計6台のデバイスで使えます。

PC(Windows/Mac) 2台とは、上記と同じに、
Windows 2台/Mac 2台のことではなく
Windows 1台 + Mac 1台 

  

Office 365 をインストール上限数以上にインストールしたらどうなるの?

上記の通り、Office 365 のインストールの上限を超えてOfficeをインストールしようとすると、途中でライセンスの確認作業が発生するため、すでにインストールされたPCを非アクティブ化しないとインストールできないようになっています。

以上で、Office 365インストール台数についてご説明しました。
会社用PC、自宅用PC、外出用タブレット、スマートフォンなどでOffice 365を利用したい方は参考にしてください。