Microsoft Officeを無料で使う方法5つ

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Microsoft Officeは、文書作成、データ分析、プレゼンテーション作成など、さまざまな業務で欠かせないツールです。しかし、ライセンスの購入には費用がかかるため、無料で利用できる方法を探している方も多いでしょう。

ここで役立つのが 無料のOffice OnlineやMicrosoft 365の無料試用版、Office 365 Education、Officeモバイルアプリ、LibreOfficeなど、さまざまな選択肢があります。

特に完全無料でOfficeを使用する場合、Office Onlineがおすすめです。この記事では、Officeを無料で使うとして、5つ方法を紹介します。

経済的にOfficeの機能を試したい方や、Officeを無料で利用してみたい方は、ぜひ参考にしてください。

Office を無料で 利用する方法

Office Online

Office Onlineを利用すれば、Microsoft Officeの基本機能を無料で使用できます。

MicrosoftはクラウドベースのOfficeアプリケーションを提供しており、これにより誰でもインターネットに接続している限り、無料でOfficeを利用できるためです。

ブラウザからOffice Onlineにアクセスし、Microsoftアカウントでサインインすることで、Word、Excel、PowerPointなどのアプリケーションを無料で使用できます。

これにより、文書作成、スプレッドシートの管理、プレゼンテーションの作成が可能です。ファイルは自動的にOneDriveに保存され、他のデバイスからもアクセスできます。

Office Onlineを使用すると、Microsoft Officeの基本機能を無料で使うことができ、どのデバイスからでもアクセス可能です。

Officeを 無料で ダウンロードする方法

Microsoft 365の無料試用版を利用することで、Officeアプリケーションを無料でダウンロードし、一定期間使用することができます。

Microsoftは新規ユーザー向けに1か月間の無料試用版を提供しており、その期間中はすべてのOfficeアプリケーションを無料で利用できるためです。

無料試用版にサインアップすると、Word、Excel、PowerPoint、Outlookなどのデスクトップ版をダウンロードしてインストールできます。

試用期間中は、これらのアプリケーションの全機能を制限なく利用でき、OneDriveのクラウドストレージやMicrosoft Teamsなどの追加サービスも利用可能です。

Microsoft 365の無料試用版を活用することで、Officeアプリケーションを無料でダウンロードし、全機能を体験することができます。

学生および教育機関向けのOffice 無料

Microsoftは、学生と教育機関のために Office 365 Education を無料で提供しています。これにより、学生はWord、Excel、PowerPoint、OneNoteなどのツールを無料で利用できます。

学校のメールアドレスを使用

学生であれば、学校のメールアドレスを使って Office 365 Educationの公式サイト でサインアップします。

必要な情報を入力

学校のメールアドレスを使用して登録すると、無料でOfficeアプリケーションをダウンロードし、利用することができます。

モバイルアプリを利用する

Microsoft Officeのモバイルアプリは、基本的な機能を無料で提供しています。以下の手順でOfficeを無料でダウンロードし、利用することができます:

アプリストアからダウンロード

App Store(iOS)またはGoogle Play(Android)からWord、Excel、PowerPointのアプリをダウンロードします。

Microsoftアカウントでログイン

アプリを開き、Microsoftアカウントでログインします。

基本機能の利用

無料版では、文書の閲覧、編集などの基本的な機能を利用できます。

5. LibreOfficeやその他の無料オフィススイートを利用する

Microsoft Officeの代替として、 LibreOffice などのオープンソースのオフィススイートを利用することも考えられます。LibreOfficeは、Microsoft Officeと互換性のある多くの機能を無料で提供しています。

LibreOfficeのダウンロード

LibreOfficeの公式サイト からソフトウェアをダウンロードします。

インストール

ダウンロードしたファイルをインストールし、利用を開始します。

まとめ

Microsoft Officeを無料で利用するためには、いくつかの方法があります。特に、Office Onlineは完全無料で利用できるため、多くのユーザーにおすすめです。

その他にも、Microsoft 365の無料試用版やOffice 365 Education、モバイルアプリ、LibreOfficeなど、自分のニーズに合った方法を選んで、効率的に文書作成やデータ管理を行いましょう。

人気記事

Tags