Microsoft Officeのバージョン確認方法とトラブルシューティング

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Officeのバージョンが正確にわからないと、アップデートや新しい機能の利用ができず、作業効率が落ちてしまうことがありますよね。また、バージョンの違いによる互換性の問題で、他のユーザーとのファイル共有がスムーズにいかないこともあります。

特に、機能の違いやサポート期限、互換性の問題を考慮する際に、バージョン情報は欠かせません。

Windows 10の場合、Office アプリケーションを開いて、 「ファイル」、「アカウント」または「ヘルプ」を選択、バージョン情報を確認することができます。

以下では、Windows 10、Mac、Office 365の環境でのバージョン確認方法、Officeのバージョン一覧、コマンドを使った確認方法、そしてバージョン確認ができない場合の対処法について詳しく説明します。

Officeのバージョン確認に関心がある方や、最新の機能を利用したいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

Officeのバージョン確認方法(Windows 10)

Officeのバージョン確認

Windows 10でOfficeのバージョンを確認する手順は以下の通りです:

  1. Officeアプリを開く:
    • Microsoft Word、Excel、PowerPointなどのOfficeアプリのいずれかを開きます。
  2. アカウント情報を表示:
    • アプリの左上にある「ファイル」タブをクリックし、「アカウント」または「ヘルプ」を選択します。
  3. バージョン情報の確認:
    • 「製品情報」セクションに移動し、バージョン情報が表示されます。具体的なバージョン番号やビルド番号が記載されています。

Officeのバージョン確認方法(Mac)

MacでOfficeのバージョンを確認する手順は以下の通りです:

  1. Officeアプリを開く:
    • Microsoft Word、Excel、PowerPointなどのOfficeアプリのいずれかを開きます。
  2. アプリ情報の表示:
    • メニューバーの「Word」または該当アプリ名をクリックし、「Wordについて」(または他のアプリ名について)を選択します。
  3. バージョン情報の確認:
    • ポップアップウィンドウが表示され、バージョン情報が記載されています。

Office 365のバージョン確認方法

Office 365のバージョンを確認する手順は以下の通りです:

  1. Officeアプリを開く:
    • Microsoft Word、Excel、PowerPointなどのOfficeアプリのいずれかを開きます。
  2. アカウント情報を表示:
    • アプリの左上にある「ファイル」タブをクリックし、「アカウント」を選択します。
  3. バージョン情報の確認:
    • 「Officeの更新プログラム」セクションにバージョン情報が表示されます。ここで、現在使用しているOffice 365のバージョンとビルド番号を確認できます。

Officeバージョンの一覧

Microsoft Officeのバージョンは以下のように分類されています:

  • Office 2019: 永続ライセンス版で、Office 2016の次のバージョン。
  • Office 2016: 永続ライセンス版で、Office 2013の次のバージョン。
  • Office 2013: 永続ライセンス版で、Office 2010の次のバージョン。
  • Office 2010: 永続ライセンス版で、Office 2007の次のバージョン。
  • Office 2007: 永続ライセンス版で、リボンUIが初めて導入されたバージョン。
  • Office 365: サブスクリプションサービスとして提供される最新のOfficeアプリケーション。

Officeのバージョン確認コマンド(Windows)

Windowsでコマンドを使ってOfficeのバージョンを確認する方法は以下の通りです:

  1. コマンドプロンプトを開く:
    • 「スタート」メニューを開き、「cmd」と入力してコマンドプロンプトを起動します。
  2. Officeのインストールディレクトリに移動:
    • Officeのインストールパスに移動します。例えば、Office 2016の場合は以下のようになります:shコードをコピーするcd \Program Files (x86)\Microsoft Office\Office16\
  3. バージョン情報を表示:
    • 以下のコマンドを入力して、Officeアプリケーションのバージョン情報を表示します:shコードをコピーするcscript ospp.vbs /dstatus
    • これにより、Officeの詳細なバージョン情報が表示されます。

Officeのバージョン確認ができない場合の対処法

バージョン情報が確認できない場合の対処法は以下の通りです:

  1. Officeのアップデート:
    • Officeが最新バージョンに更新されていない場合、バージョン情報が正しく表示されないことがあります。Officeを最新バージョンにアップデートします。
  2. 再インストール:
    • Officeアプリケーションに問題がある場合、一度アンインストールしてから再インストールすることで問題が解決することがあります。
  3. Microsoftサポートに問い合わせ:
    • 自力で問題を解決できない場合、Microsoftサポートに問い合わせてサポートを受けることができます。

まとめ

これらの方法を使用して、Microsoft Officeのバージョン情報を正確に確認し、必要なサポートや互換性の確認を行いましょう。

バージョン確認ができない場合の対処法も参考にして、適切な対応を行うことが重要です。

おすすめの購入先

Microsoft Officeの購入方法について詳しく知りたい方は、以下のリンクをご参照ください。

Microsoft Officel の購入ガイド

製品は公式サイトからダウンロードしてインストールできるので安心ご利用できます。

人気記事

Tags