Fix it を使用してMac Officeを完全にアンインストールする方法

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

MacでOfficeをインストールしたときのファイルなどがシステムに残留しているのが原因で、Officeのインストールやアンインストールに失敗することがあります。今回は、Fix it を使用してMac Officeを完全にアンインストールする方法説明します。

Fix it

MacでOfficeを再インストールに失敗した原因

MacでOfficeを利用中、何かしらのエラーが起きて、Office のトラブルを解決するために、アンインストールしましたが、再インストールが正常に実行できなくなることがたまにあります。

これは、Officeをアンインストール際に、一般的な手順でOffice のライセンス ファイルを削除しましたが、Officeファイルがシステムに残留していることがあるからです。

Mac でOfficeを完全にアンインストールする方法

では、MacでOfficeを完全にアンインストールするにはどうしたらいいですか?

その解決方法ですがFix it を使用してMac Officeを完全にアンインストールすることです。

一応「Easy Fix ツール」を使用することで無事Officeのアンインストールが成功し、 その後オンライン上でファイルをダウンロード、再インストールして無事正常にWordやExelが起動するようになったのです。

Office 削除ツール Fix itとは?

Officeのインストール実行中のエラーなどでOfficeを削除する万能削除ツールです。Office 2011からOffice 2019、Office 365をすべて削除できます。

このツールで作成するとMacにインストールされているOffice製品がすべて削除されます。複数のOfficeからどれかを選ぶ選択しがありません。例えば、Office 2019とOffice 2016が両方インストールしている場合全部削除されます。

多くの方の心配することですが、Officeを削除すると作成した Excel ファイルや Word ファイルはなくなりますか?という点です。実は、消えるのはアプリケーションだけです。作成した Excel ファイルや Word ファイルは残ります。

Fix itをダウンロードしてアンインストールする手順

まずライセンス削除ツールFix itをダウンロードします。

下記公式ページの下の方でダウンロードできます。

Fix it (O15CTRRemove)

次に、 Mac のダウンロード フォルダーにある .pkg ファイルを開きます。



画像のように、[続行] をクリックし、セットアップ ウィザードの指示に従います。



Officeライセンスの削除を実行する準備ができたら、[インストール] を選択します。 Mac のローカル管理者アカウントのパスワードを入力することが必要な場合があります。Officeライセンスが正常に削除されたら、[閉じる] を選択します。

これでOfficeのアンインストールが完了しました。

Office の再インストールはマイクロソフトアカウントから行えます。

人気記事

Tags