Windows UpdateによるExcel動作停止!解決方法をご紹介

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、Microsoft Excelが起動しなかったり、操作しようとすると強制終了する不具合が多く発生しています。

これは1月2日に提供が開始されたExcel 2010用の更新プログラム「KB4461627」によるものですが、これで苦しんでいる方に解決方法をご紹介します。

Windows UpdateによるExcel不具合

1月2日に、Excel 2010用の更新プログラム「KB4461627」の提供が開始されました。これをインストールすると、

「Microsoft Excelは停止しました」
「問題が発生したため、ポログラムが正しく動作しなくなりました」
「プログラムは閉じられ、解決策がある場合はWindowsから通知されます」

などのエラーが表示されます。2010年版のExcelだけにプログラム異常が発生したようです。

「KB4461627」は新元号に対応するためのパッチですが、セキュリティアップデートではないためインストールしなくてもセキュリティ上の問題はありません。上記不具合持ちのため、Microsoftが修正するまでインストールはしない方が良いでしょう。

解決方法

「KB4461627」が不具合の根源となっているので、これをアンインストールすることで不具合は解消します。

キーボードのWindowsボタンを押したまま「R」キーを押します。すると、「ファイル名を指定して実行」画面が表示されます。

「名前」の入力欄に「appwiz.cpl」と入力して、「OK」をクリックします。

「プログラムと機能」画面が表示されますが、左上にある「インストールされた更新プログラムを表示」をクリックします。

「インストールされた更新プログラム」画面が表示されますが、右上の検索窓に「KB4461627」と入力します。すると、この文字を含んだデータが表示されます。

このデータをクリックすると、「コンピューターからこの更新プログラムをアンインストールしますか?」と表示されますが、「はい」を選びます。

再起動が必要な場合再起動して、Excelファイルを開いてみてください。

人気記事

Tags