Windows10 パッケージ版・DSP版・OEM版の価格と選び方

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Windows10には、パッケージ版・DSP版・OEM版の3つの販売形態があリます。この3者は、同じ製品で、機能に違いはありませんが、それぞれ価格や販売方法等が異なります。

以下では、Windows10パッケージ版・DSP版・OEM版の違いを見ていきましょう。

Windows10パッケージ版

パッケージ版とは、箱に説明書やインストールメディアを入れて発売される形態です。Windows10 からUSB メモリによる提供に変わりました。

お店やインターネットで買えます。購入するとWindows10のUSBメモリとプロダクトキーがもらえます。

価格

Windows10 パッケージ版の価格は、他の OEM 版や DSP 版と比べると価格が高いですが、Microsoft 社の無償サポートが付きます。Windows10 パッケージ版の値段をアマゾンから調べると、下記のとおりです。

特徴

パッケージ版は、インストールされているPCからアンインストールして、他のPCにインストールしてもいいです。ということで、パーツを頻繁に組み替えることが多いならパッケージ版をお勧めします。

パッケージ版を買えばハードの寿命・入れ替えを気にしなくて良い。パーツとOSの紐付けを気にしなくて良くなります。

Windows10 DSP版

Windows10 DSP版とは、パソコンの内部に組み込むパーツとセットで購入して使うライセンス形態。

Windows 10 パッケージ版と比べると価格は安いのはメリットですが、単体で購入する事ができないのはデメリットです。

32bitと64bit

Windows10 DSP版では32bit版と64bit版の2つの種類があります。

Windows10 DSP版の32bit版のメモリ容量の上限は4GB までで、HDDなどの記憶ドライブは 2 TB までのものを扱えます。

これに対し、64bit版はメモリを4GB以上使え、起動ディスクに2TB以上のものを使えるメリットがあるので、余程古い周辺機器を使っていない限りは64bit版で良いです。

価格

Windows10 DSP版の価格を「kakaku.com」から見ると、以下のとおりです。

 

特徴

Windows10 DSP版は、インストールしたパソコンのみで使えます。新しいパソコンにインストールしたい場合、セットで購入したPCパーツと一緒に移動すれば使えます。 セットにしたPCパーツが壊れると使えなくなります。

Windows10 OEM版

OEM版とは、メーカー製のパソコンなど、購入時にすでに対象のWindowsがインストールされた状態で販売されているライセンス形態。

Windows10 OEM版は、購入したパソコン自体に付属するものなので、他のPCに移植して、インストールすることはできません。

価格

OEM版はパソコンの価格に含まれているので、正確な価格は不明です。Microsoftとパソコンメーカーとの取り決めで決まっているのだと思われます。

Windows10 OEM版の価格はパッケージ版・DSP版と比べてもっとも安いとされています。PC本体とセットにして大量に売りさばきたいという狙いもあって安くなっているでしょう。

特徴

OEM版は最初からパソコンにインストールされているのでインストール不要。

Windows10 OEM版はそのパソコンにしか利用できません。他のパソコンに移動して使うことができません。パッケージ版であれば、前にインストールしたパソコンからアンインストールすれば、別のパソコンに再インストールできますが、OEM 版ではできません。

まとめ

これまで、Windows10のパッケージ版・DSP版・OEM版の違いをみてきました。まとめて見ると、

Windows10パッケージ版は高いですが、インストールされているPCからアンインストールして、他のPCにインストールしてもいいです。

Windows10 DSP版はやや安いですが、同時購入したパーツが組み込まれたPCでしか使えません。

Windows10 OEM版は最も安いですが、購入したパソコンにしか利用できません。

新規パソコンを購入するなら、コスト的に断然Windows10 OEM版がよいと思います。

仕事用なら、Windows10パッケージ版が良いと思います。気軽に再インストールできる点では管理上、断然楽だと思います。家庭用なら、パッケージ版により安いWindows10 DSP版がよいと思います。

人気記事

Tags