Microsoft Office はどれを買えばお得?Microsoft Office の種類比較

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

事務作業の必要でPCにMicrosoft Officeを付けたいですが、Microsoft Office の種類が複雑でどれを購入したらよいのかわかりません!」という方もいらっしゃると思いますので、改めて説明します。

Microsoft Office の画像

Microsoft Office とは、Excel、Word、PowerPoint、Outlookなど、ビジネス分野で利用頻度の高いソフトウエアををセットにしたものである。このMicrosoft Office、最近は永続ライセンス型Officeの次期版、「Microsoft Office 2019」を2018年下半期に出荷すると発表した。

今なら、Microsoft Office には、サブスクリプション版の「Microsoft Office 365」、永続ライセンス版「Microsoft Office 2016」、パソコンに付属している「Microsoft Office Premium」と3つの種類ありますが、2018年下半期に永続ライセンスの「Microsoft Office 2019」を提供することに備えて、Microsoft Office の3つの種類からどれを購入するべきか?

ここでMicrosoft Office の3つの種類、それぞれの特徴を整理して見よう。

Microsoft Office の永続ライセンス「Office 2019」

Microsoft Officeの永続ライセンス版 Microsoft Office 2019は2018年下半期のリリースを予定している。2018年後半にリリースされるMicrosoft Office 2019はWord、Excel、Power Point、Outlookなどおなじみのソフトウェアからなるパッケージで、ExchangeやSharePoint、Skype for Businessなどのサーバーアプリケーションも含まれる。

動作環境はWindows 10のみの対応、Windows 7やWindows 8.1がサポート外になる。MicrosoftはユーザーのWindows 10への移行を促している。今回のように動作環境を限定することで、Windows 10やMicrosoft Office 365への乗り換えを推進しているようだ。Microsoftではこの変更について「OfficeとWindowsの両方に最新の機能を備えた最も安全な環境を提供するため」としている。

Microsoft Office 2019のクライアントアプリのサポート環境は以下の3つ。

      Windows 10 SAC (Semi-Annual Channel)リリース
      Windows 10 Enterprise LTSC (Long-Term Servicing Channel) 2018
      Windows Serverの次期LTSCリリース

Microsoft Office 2019では、従来のMSI(Microsoft Installer Package)形式のセットアッププログラムは提供せず、Click-To-Run技術を用いたクイック実行インストーラーのみ提供する。Office Server群は従来どおりとなる。

さらに、Microsoft Office 2019のサポート期間は、固定ライフサイクルポリシーの例外として扱われ、5年のメインストリームサポートに続く延長サポートは約2年間しか提供されない。それによって2025年10月14日に延長サポートが終了する「Microsoft Office 2016」と同じ時期にサポートライフサイクルが終了することになる。その理由としてマイクロソフトは、「リリースから10年以上経過すると、作業効率を引き上げる技術革新の提供が難しい」と述べている。

Microsoft Office の永続ライセンス「Office 2016」の特徴

Microsoft Office の永続ライセンスであるOffice 2016。「Microsoft Office Professional 2016」、「Microsoft Office Home & Business 2016」、「Microsoft Office Personal 2016」の3つの種類があり、2台のパソコンにインストールして利用できる。動作環境はWindows 7やWindows 8.1、Windows 10対応、買い切り型で利用期限がなく、永続的に利用できるのが特徴だ。

いくら永続ライセンスといっても、Microsoft Office には、サポート期間がある。

Microsoft Office のサポート期間は、メインストリームサポートが発売から約5年間設定されていて、延長サポートが設定されているもの(Office Professional 2016や同Home & Business 2016など)ではそれを含めて発売から約10年間のサポート期間が設定されている。つまり、Microsoft Office 2019と同じ時期にサポートライフサイクルが終了することだ。

注意したいのは、Microsoft Office 製品がバージョンアップしたときだ。以前なら割安な価格で最新バージョンに更新できるアップグレード版があったが、Office 2013以降廃止されていて現在は無い。Microsoft Office 製品の新バージョンが登場し、そちらに乗り換えたい場合は、その新バージョンを買い直す必要がある。

Office 365 で常に最新バージョンのMicrosoft Office を!

Microsoft Office のサブスクリプション型のOffice 365。Microsoft Office のソフト(Excelなど)の提供も含まれている。ソフトのほかに1TBのオンラインストレージの提供や、プランによって大容量のメールボックスやHDビデオ会議の提供、タブレットやスマートフォン向けオフィスソフトの利用などが含まれる。

Microsoft Office 365では、サブスクリプション型サービスであり、利用期間のみの料金をお支払いことで、常に最新バージョンのMicrosoft Ofiiceを利用できるのが大きな特徴だ。

たとえば、Microsoft Office の現在のバージョンはMicrosoft Office 2016。今年後半にMicrosoft Office 2019がリリースされるとOffice 365は無料でバージョンアップして、Microsoft Office 2019を更新できる。

特に、永続ライセンスMicrosoft Office 2016は、次期の永続ライセンスMicrosoft Office 2019に無料アップできない。Office 365 Soloなら今年下半期に出荷するMicrosoft Office 2019を利用できる。これを考えるとお得ように思われる。

Microsoft Office Premium 永続ライセンスでOffice 365サービスも付く

Microsoft Office Premium とは、大手メーカーのパソコンにあらかじめインストールされているMicrosoft Office製品、パソコンとセットで購入する必要がある。新規パソコンを購入時オフィスを付けて購入するとお得よということだろう。

Microsoft Office Premium には、「Office Professional Premium」、「Office Home & Business Premium」、「Office Personal Premium」の三つのプランがあり、 パソコンのプリインストール向けの製品で、単体では販売されていない。

Microsoft Office 2016と同様に買い切り型の永続ライセンス型だが、Office 365 Soloのように常に最新バージョンのものを利用でき、1年間分のOffice 365サービスが付属するのが特徴だ。つまり、購入後にMicrosoft Officeの新バージョンが出たら無料で更新できる。Microsoft Office 2016とOffice 365 Soloのいいとこどりをした、お得な製品とも言える。

注意点は、ライセンスが購入者ではなく、購入したパソコンにひもづけられていて、プリインストールされているパソコンでしか利用できないことだ。そのパソコンの寿命がMicrosoft Office Premiumの寿命と言える。複数のパソコンでの利用もできない。

最後に

Microsoft Officeのことを電気代や水道代の類いと同じように捉えてほしいとMicrosoftが望んでいるのは周知のとおりだ。その分の予算を確保して、来る年も来る年も料金を支払う必需品という考え方だ。しかしMicrosoft Officeには、特定のユーザー層のみを対象とした機能が非常に多い。それ以外の人は使わないままの機能だ。Microsoft Officeの最新機能をすべて使いたい人は、おそらくOffice 365に加入した方がよいだろうし、Microsoft Officeの基本的なアプリケーションだけで間違いなく用が足りると思っている人は、Office 2016、Office 2019でよいかもしれない。新規パソコンを購入タイミングであればOffice Premium がお得。どちらを選ぶかに正解はない。