Microsoft Office ( 2003 / 2007 / 2010 / 2013 / 2016/2021) サポート期限一覧

Microsoft Office 2021永続ライセンスの導入にあたり、何時まで使えるかという疑問を持っている方がいるでしょう。

Officeサポートは、ユーザーがOffice製品を最大限に活用できるように、使い方のガイドからトラブルシューティングまで幅広くサポートします。

この記事では、Microsoft Office2003から2021までのメイン サポート 期間と延長サポート期間について解説します。サポートの 期限 を分からない方参考してください。

 Microsoft Office ( 2003 / 2007 / 2010 / 2013 / 2016) サポート 期限一覧

Officeバージョンメイン サポート延長 サポート
Office 2003終了しています終了しています
 Office 2007終了しています 終了しています
Office 2010終了しています 終了しています
Office 20132018年4月10日 終了しています
Office 20162020年10月13日2025年10月14日
Office 2021 2026 年 10 月 13 日 なし

ちなみに、マイクロソフトのメイン サポート と延長サポートの違いを説明します。

メインサポートはセキュリティ更新はもちろん仕様変更や新機能などの提供もあります。延長 サポート はセキュリティ更新のみになります。「メインサポート」も「延長サポート」も終了すると、一切のサポートが終了する為、セキュリティの更新も終了しますので、危険性が高まります。

Microsoft Officeのサポート期限

実際に、Microsoft Officeの各製品のサポートがどのタイミングで終了するかは重要な情報です。

ここでは、各Office製品のメインストリームサポートおよび延長サポートの終了日を、表形式で整理して示します。それでは各製品のサポード期間を見ましょう。

Office 2003 のサポード

Microsoft Office 2003 (マイクロソフト オフィス 2003)は、メイン サポートと延長サポート両方すでに サポート が終了していますし、何よりも「xlsx」などの新しいファイル形式に対応していません。

Officeのデータはメールなどでやり取りをすることが多いはずなので、サポートの終了した古いものを使っているのは迷惑をかけることもあります。安全や信頼のためサポート期限が終了したものに関しては使わないようにしたいですね。

Office 2007 のサポード

Microsoft Office 2007 (マイクロソフト オフィス 2007)は、メイン サポート は「2012年10月9日」まで、延長サポートは「2017年10月10日」までとなっています。もうすぐ Office 2007 のサポートが終了します。

Office 2010 のサポード

Microsoft Office 2010 (マイクロソフト オフィス 2010)は、メインサポートは「2015年10月13日」まで、延長 サポート は「2020年10月13日」までとなっています。

Office 2013 のサポード

Microsoft Office 2013 (マイクロソフト オフィス 2013)は、メイン サポート は「2018年4月10日」まで、延長サポートは「2023年4月11日」までとなっていますが サポード期間は終了しました。

Office 2019のサポート

Microsoft Office 2019のサポート期限

Office 2016 のサポード

Officeの サポート スケジュールはこんな感じです。気になっているOffice2016のメイン サポートは2020年10月13日まで、延長サポートは2025年10月14日です。ということで、まだ1年間使えます。

Office 2021 のサポード

Microsoft オフィス 2021のサポート スケジュールはこんな感じです。Office 2021は2021年発売、Office 2021のメイン サポートは2026年10月13日まで、延長サポートがないため、ということで、まだ2年間使えます。

まとめ Officeのサポード

以上、Microsoft Officeのさまざまなバージョンのサポートオプションについてご紹介しました。Officeのサポードを調べたいけど分からない方いれば、この記事を参考にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です