Microsoft Office Macは買い切りとサブスクリプションどちらがお得?

Macユーザーにとって、業務や学習の効率化に欠かせないツールがMicrosoft Officeです。

特に、Office Macは、Mac環境に最適化されたOfficeスイートで、Word、Excel、PowerPoint、Outlookなどの主要なアプリケーションを提供します。

一方、Microsoft 365は、常に最新のOfficeアプリケーションとクラウドサービスをサブスクリプション形式で利用できるサービスです。Microsoft 365を利用することで、複数のデバイス間でのデータ同期やリアルタイムの共同作業が可能になります。

Office Mac を購入するなら、月間或いは年間で契約できる サブスクリプション 型のMicrosoft 365 (旧 Office 365)が一番お得。そのお得度を永続ライセンス型の Office for mac 2021 と比べて見た!

Office 買い切り型とサブスクリプション型のどちらを選ぶべきか迷っている方、参考にしてください。

 Office Mac を買うなら サブスクリプション 型のOffice365がお得!

Microsoft 365 (旧 Office 365) サブスクリプションとは?

従来のパッケージ製品に加えて、サブスクリプションでの販売が始まりました。

これで、Officeの購入方法に新たな選択肢が加わったことになります。

サブスクリプションとは、Officeを使用する権利を購入する形態です。

Officeそのものは、MicrosoftのWebサイトからダウンロード/インストールして使用します。

サブスクリプションは年単位または月単位での一定期間の使用権を購入するものなので、使用期間が過ぎれば使用できなくなります。

アップグレード版というかたちでは、現在は新しいOfficeは販売されてない

OSがアップデートすることで、利用可能なOffice製品も変わってくること

Office 2021 for Mac 永続ライセンス版とは?

今のMicrosoft Office for Macの最新バージョンは、2021年に発売した、Office 2021 for Macです。Office 2021 for Macは、いわゆる「買い切り」版で、ライセンス更新をせずに使い続けることができます。

永続ライセンス版ともいわれて、一度買ってしまえば、費用は発生しません。
買い切り版には新機能が追加されないこと。

かつてあったような既存のユーザー向けに提供されていた格安な値段でのアップグレードはもうできない。

このため、Office 2021 for Macは、長期間同じバージョンを使い続けることを望む方に最適です。アップグレードの必要がない場合、永続ライセンス版は非常に経済的で便利な選択肢となります。

Office Home & Business 2021 for Macなら、Macデバイスで、最新版のOfficeアプリのWord、Excel、Outlook、PowerPointをご利用できます。Microsoft Teams も含まれています。Macで使用したい場合、2までインストールできます。詳しくはこちら

サブスクリプションと永続ライセンスの違い

Office Macの機能は、永続ライセンス版、サブスクリプション版のどちらもまったく同じです。

下記は、サブスクリプションと永続ライセンスの違いを簡単にまとめた表です。

それぞれの項目の説明と合わせて、選択時の参考にしてください。

Microsoft 365 (旧 Office 365) サブスクリプション Office 2021 Mac 永続ライセンス
購入方法マイクロソフトストアからダウンロード家電量販点などでのパッケージ版、またはダウンロード版の購入
利用できるOSWindows、Macどちらでも可。同時5台までインストール可能WindowsまたはMacの購入時のOSのみ。同時2台までインストール可能
ライセンスの認証方式マイクロソフトアカウント 関連付けによる認証マイクロソフトアカウント 関連付けとプロダクトキーで認証
アップグレードの対応契約期間中であればアップグレード可能不可

現在Microsoftの提供している最新 Mac 用 Office には、サブスクリプション 版の『 Microsoft 365 (旧 Office 365) 』と、永続ライセンス版の『Office Mac 2021』がある。

サブスクリプション版のMicrosoft 365 (旧 Office 365)は、一定額で一定期間利用できるという定額制サービスで、契約中は常に最新バージョンのMicrosoft OfficeをMacでも使えます。

それに対し、永続ライセンス版Office 2021 Mac は、一般的なソフトと同様に買い取り式で価格が高い反面、購入後はMicrosoft Officeを永遠に利用できる。

どちらのオプションも、Macユーザーが高品質なOffice製品を利用するための優れた選択肢と言えるでしょう。

価格

Microsoft 365 (旧 Office 365)は、Officeシリーズの全アプリ(AccessとPublisherは、Mac以外)が利用できるにもかかわらず、

1年間2万2,100円(一ヶ月2、100円にあたる)と、安価に設定されている。

契約期間は自由に設定でき、途中で解約できるのも特徴です。例えば、年額で契約して、1ヶ月だけ使用後に契約を解除することもできる。

それに対し、永続ライセンス版のOffice Mac 2021は、公式サイトなら、

最も安価な『 Office Home & Student 2021 for Mac 』が 29,980 円(税込み)で、

利用できるOfficeアプリはWord 2021、Excel2021、PowerPoint 2021に限られる。

常にアップデートが無料なので個人的には買い切り時よりも安くなった感覚です。

インストール台数

Microsoft 365 (旧 Office 365) とOffice Mac 2021の台数違いは、 Microsoft 365 (旧 Office 365) は、5 台のMac或いはWindows PC、5 台のタブレット、5 台のスマートフォン、計15台のデバイスにインストール可能。

Office Mac 2021は2台のMacにインストールでき、WindowsPCにインストールできません。永続ライセンス版と根本的に違うのは、MacでもWindowsでも良いこと。

無償アップグレード

Office Mac 2021は最新版Officeを無料で使えない。これに対し、 Microsoft 365 (旧 Office 365) は、最新Office製品が出た時に新たな購入費用が発生しなく、

今まで通、月払いか年払いで同じライセンス料金を支払えば良いだけ。

これで、MacとWindowsの両方でOfficeを使いたい

一度にそんなに多くの料金を出すのがちょっと…

常に最新版Officeを使いたい方にとっては、 Microsoft 365 (旧 Office 365) は最適。

サポード

永続ライセンス版Officeは、価格が高い反面、購入後は永遠に利用できるでしょう?と思う方もいますね。

実は、永続ライセンス版Officeにはサポート期限がある。Office Mac 2021 には発売後5年間のメインストリームサポート期限と、延長サポート期限がありません。5年間だけ使います。

延長サポート期限が過ぎても、Officeアプリを使うことができますが、Officeがウイルスに感染し、情報漏洩等のリスクがあるため、安全に使えるのは7年間だけ。

ということで、やはり1ヶ月または1年間で、契約期間中の料金だけを払う Microsoft 365 (旧 Office 365) がお得。

Microsoft 365 (旧 Office 365) とは?

Microsoft 365 (旧 Office 365) アプリケーションにはWord、Excel、PowerPoint、Outlook、Publisher、OneNote、Accessの全てを利用できる。

インストール台数は各5台ずつと、最大で15台ものデバイスにOfficeをインストールできる。

Microsoft 365 (旧 Office 365) (最新版のOffice)を個人所有 PC を含めて、最大で 5 台の. PC (Win/Mac)、5 台のタブレット、および 5 台のスマートフォンにインストールできます。

Microsoft 365 (旧 Office 365) はサブスクリプションとして提供されます。サブスクリプションをキャンセルすると、 Microsoft 365 (旧 Office 365) は機能制限モードになります。

機能制限モードでは、ユーザーは既存の Office ファイルを開いて表示することはできますが

Microsoft 365 (旧 Office 365) を使用するには、ユーザーに Microsoft 365 アカウントがあり、ライセンスが割り当てられていることが必要です。

Microsoft 365 がサポートするOS

Windows 10/11
Windows 8.1
Windows 7 SP1
mac OSの直近3つのバージョン(最新バージョンと、2つ前までのバージョン)
Windows Server 2016
Windows Server 2012 R2
Windows Server 2012
Windows Server 2008 R2
※Windows Server 2019は今後追加されていく予想

Office のシステム要件はこちらのリンクからもご確認いただけます。

Microsoft | Office のシステム要件

注意してほしい! Microsoft 365 を激安で買える方法もある。ネットショップで調べてみたら、Microsoft 365 Family 1年版を11,500円で発売されている店もあるが、超安いでしょう。公式サイトで一年版を21,000円で販売されています。

Microsoft 365 Family

Office Macは買い切りとサブスクリプションどちらがお得?

microsoft 365 は小さな初期投資で Mac とWindowsの両方で Office の利用を開始できるのが、 サブスクリプション の大きなメリットです。

試用目的で月額プランを使い、長く使うようであれば永続ライセンスや年間プランに切り替えることもできます。

安すぎるので、インストールとライセンス認証できるかなと心配する方もいるでしょう。

試用目的や用途に応じて、最適な購入方法を検討してください。

さて、新たに提供を開始したサブスクリプション版は、どのように購入/インストールすればよいのでしょうか。具体的な方法こちらを参考してください、

サインインして Office365 をインストールする

1,www.office.com にアクセスし、まだサインインしていない場合は、[サインイン] を選択します。

2,このバージョンの Office に関連付けたアカウントを使用してサインインします。

3,このアカウントには、Microsoft アカウント、または職場や学校のアカウントを使用できます

4,職場または学校のアカウントでサインインする (場合)

5,Office 365ホームページからOffice アプリをインストールするを選択します。

6,Office 365 アプリ を選択し、ダウンロードを開始します。

インストール方法について、Microsoft 365をダウンロードしてインストールする方法をご参照ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です