マイクロソフトが公開したOutlookのセキュリティ更新プログラムをインストールする

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

米Microsoftは、Outlookのメモリ破損の脆弱性と、セキュリティ機能バイパスの脆弱性、情報流出の脆弱性にそれぞれ対処し、更新プログラムをインストールすることを推奨しております。

MicrosoftはOffice Outlookの脆弱性を修正するセキュリティ更新プログラムを米国時間7月27日付で公開し、3件の脆弱性に対処した。

Outlookのセキュリティ更新プログラム

Microsoftのセキュリティ情報によると、今回の更新プログラムでは、Office Outlookに発見されたメモリ破損の脆弱(ぜいじゃく)性と、セキュリティ機能バイパスの脆弱性、情報流出の脆弱性にそれぞれ対処した。

Outlookのメモリ破損の脆弱性は、攻撃者が細工されたファイルなどをユーザーに送り付けて、Outlookで開くように仕向ける手口を使って、リモートで任意のコードを実行されたりする恐れがある。

対象となる「Outlook」のエディションは下記の通り。

・Microsoft Outlook 2007 Service Pack 3 ・Microsoft Outlook 2010 Service Pack 2 ・Microsoft Outlook 2013 Service Pack 1 ・Microsoft Outlook 2013 RT Service Pack 1 ・Microsoft Outlook 2016

3件とも深刻度は「重要」に分類されている。対象となる「Outlook」のエディションを実行するユーザーがこの脆弱性から完全に保護するために、該当する7月のセキュリティ更新プログラムをインストールすることを推奨します。

Office の更新プログラムをインストールする方法