Windows 用 Excel (エクセル)ショートカットキー一覧表

Excel(エクセル)のショートカットキーは、よく仕事で使用しますね、でも、ショートカットキーの種類が多くて、覚えのは大変でしょう。

この記事では、Windows 版 Microsoft Excel 用のキーボードショートカットキーをまとめました!覚えておけばExcelをより便利に使え、効果が高いです。

【ショートカットキー】【操作内容】
[Ctrl]+[PageDown]ワークシートのタブを左から右に向かって順番に切り替えます。
[Ctrl]+[PageUp]ワークシートのタブを右から左に向かって順番に切り替えます。
[Ctrl]+[-][削除] ダイアログ ボックスを表示して、選択されたセルを削除します。
[Ctrl]+[;]現在の日付を入力します。
[Ctrl]+[`]ワークシートのセルの値の表示と、数式の表示を切り替えます。
[Ctrl]+[‘]アクティブ セルの 1 つ上のセルの数式を、アクティブ セルまたは数式バーにコピーします。
[Ctrl]+[1][セルの書式設定] ダイアログ ボックスを表示します。
[Ctrl]+[2]太字の書式の設定と解除を切り替えます。
[Ctrl]+[3]斜体の書式の設定と解除を切り替えます。
[Ctrl]+[4]下線の設定と解除を切り替えます。
[Ctrl]+[5]取り消し線の設定と解除を切り替えます。
[Ctrl]+[6]オブジェクトの表示と非表示を切り替えます。
[Ctrl]+[8]アウトライン記号の表示と非表示を切り替えます。
[Ctrl]+[9]選択した行を非表示にします。
[Ctrl]+[0]選択した列を非表示にします。
[Ctrl]+[A]ワークシート全体を選択します。
[Ctrl]+[B]太字の書式の設定と解除を切り替えます。
[Ctrl]+[C]選択されたセルをコピーします。
[Ctrl]+[D][下方向へコピー] を使用して選択範囲内で下方向のセルに内容と書式をコピーします。
[Ctrl]+[E]アクティブな列の周囲のデータを使用して、その列に値を追加します。
[Ctrl]+[F][検索と置換] ダイアログ ボックスの [検索] タブを表示します。
[Ctrl]+[G][ジャンプ] ダイアログ ボックスを表示します。
[Ctrl]+[H][検索と置換] ダイアログ ボックスの [置換] タブを表示します。
[Ctrl]+[I]斜体の書式の設定と解除を切り替えます。
[Ctrl]+[K]ハイパーリンクを挿入するための [ハイパーリンクの挿入] ダイアログ ボックスを表示します。
[Ctrl]+[L][テーブルの作成] ダイアログ ボックスを表示します。
[Ctrl]+[N]新しい、空白のブックを作成します。
[Ctrl]+[O][ファイルを開く] ダイアログ ボックスを表示してファイルを開くか、見つけます。
[Ctrl]+[P]Microsoft Office Backstage ビューの [印刷] タブを表示します。
[Ctrl]+[Q]選択したデータを含むセルがある場合、このデータの [クイック分析] が表示されます。
[Ctrl]+[R][右方向へコピー] を使用すると、選択範囲内で右方向のセルに内容と書式がコピーされます。
[Ctrl]+[S]作業中のファイルを現在のファイル名、場所、およびファイル形式で保存します。
[Ctrl]+[T][テーブルの作成] ダイアログ ボックスを表示します。
[Ctrl]+[U]下線の設定と解除を切り替えます。
[Ctrl]+[V]クリップボードの内容をカーソル位置に挿入し、選択内容を置換します。オブジェクト、テキスト、またはセルの内容の切り取りまたはコピーを行った後にのみ使用できます。
[Ctrl]+[W]選択されたブックのウィンドウを閉じます。
[Ctrl]+[X]選択されたセルを切り取ります。
[Ctrl]+[Y]直前のコマンドまたは操作を繰り返します。
[Ctrl]+[Z][元に戻す] を使用して、最後のコマンドの操作を元に戻すか、最後に入力した内容を削除します。
[Ctrl]+[Shift]+[&]選択したセルに外枠罫線を適用します。
[Ctrl]+[Shift]+[_]選択したセルから外枠罫線を削除します。
[Ctrl]+[Shift]+[~][標準] の表示形式を設定します。
[Ctrl]+[Shift]+[$]小数点以下の桁数が 2 で、負数をかっこで囲む [通貨] 表示形式を設定します。
[Ctrl]+[Shift]+[%]小数点以下の桁数が 0 の [パーセンテージ] 表示形式を設定します。
[Ctrl]+[Shift]+[^]小数点以下の桁数が 2 の [指数] 表示形式を設定します。
[Ctrl]+[Shift]+[#]日付、月、および年の [日付] 表示形式を設定します。
[Ctrl]+[Shift]+[@]時刻と分の午前または午後表示の [時刻] 表示形式を設定します。
[Ctrl]+[Shift]+[!]小数点以下の桁数が 2 で、桁区切りを使用し、負数には負符号 (-) を使用する数値の表示形式を設定します。
[Ctrl]+[Shift]+[*]アクティブ セル領域 (アクティブ セルを含み、空白の行と列で囲まれているデータ領域) を選択します。
[Ctrl]+[Shift]+[:]現在の時刻を入力します。
[Ctrl]+[Shift]+[“]アクティブ セルの 1 つ上のセルの値を、アクティブ セルおよび数式バーにコピーします。
[Ctrl]+[Shift]+[+][挿入] ダイアログ ボックスを表示して、空白セルを挿入します。
【ショートカットキー】【操作内容】
[F1][Excel ヘルプ] 作業ウィンドウを表示します。
[Ctrl]+[ F1]リボンの表示と非表示が切り替わります。
[Alt]+[ F1]現在の範囲から埋め込みグラフが作成されます。
[Alt]+[ Shift]+[F1]ワークシートが挿入されます。
[F2]アクティブなセルを編集し、セルの内容の末尾にカーソルを移動します。また、セルの編集がオフの場合は、数式バーにカーソルを移動します。
[Shift]+[F2]セルのコメントを追加または編集します。
[Ctrl]+[F2]Backstage ビュー の [印刷] タブの印刷プレビュー領域を表示します。
[F3][名前の貼り付け] ダイアログ ボックスを表示します。ブックで名前が定義されている場合のみ使用できます ([数式] タブの [定義された名前] の [名前の定義])。
[Shift]+[F3][関数の挿入] ダイアログ ボックスが表示されます。
[F4]直前のコマンドまたは操作を繰り返します。
[Ctrl]+[F4]選択したブック ウィンドウを閉じます。
[Alt]+[F4]Excel を終了します。
[F5][ジャンプ] ダイアログ ボックスを表示します。
[Ctrl]+[F5]選択したブック ウィンドウが元のサイズに戻ります。
[F6]ワークシート、リボン、作業ウィンドウ、およびズーム コントロール間を切り替えます。
[Shift]+[F6]ワークシート、ズーム コントロール、作業ウィンドウ、およびリボン間で切り替わります。
[Ctrl]+[F6]複数のブック ウィンドウが開いている場合は、次のブック ウィンドウに切り替わります。
[F7][スペルチェック] ダイアログ ボックスを表示して、作業中のワークシートまたは選択した範囲内のスペルをチェックします。
[Ctrl]+[F7]ブック ウィンドウが最大化されていない場合、[移動] が実行されます。方向キーを使用してウィンドウを移動します。
[F8]拡張選択モードを切り替えます。拡張選択モードでは、ステータス行に [拡張選択] と表示され、方向キーで選択が拡張されます。
[Shift]+[F8]隣接しないセルまたは範囲を選択範囲に追加できます。追加する範囲の先頭セルに方向キーで移動し、F8 キーを押し、方向キーで範囲を拡張します。
[Ctrl]+[F8]ブック ウィンドウが最大化されていない場合は、[サイズ変更] が実行されます (コントロールメニュー)。
[Alt]+[F8][マクロ] ダイアログ ボックスが表示されます。このダイアログ ボックスで、マクロの作成、実行、編集、削除を行うことができます。
[F9]開いているブックのすべてのワークシートを計算します。
[Shift]+[F9]作業中のワークシートを計算します。
[Ctrl]+[Alt]+[F9]最後の計算の後で変更したかどうかに関係なく、開いているブックのすべてのワークシートを計算します。
[Ctrl]+[Alt]+[Shift]+[F9]依存する数式が再度チェックされ、要計算とマークされていないセルも含め、開いているブックのすべてのセルが計算されます。
[Ctrl]+[F9]ブック ウィンドウが最小化されます。
[F10]キー ヒントをオンまたはオフにします (Alt キーを押しても同じ操作を実行できます)。
[Shift]+[F10]選択しているアイテムのショートカット メニューが表示されます。
[Alt]+[Shift]+[F10][エラー チェック] のメニューまたはメッセージが表示されます。
[Ctrl]+[F10]選択したブック ウィンドウが最大化されるか、または元に戻ります。
[F11]現在の範囲からグラフを作成して、別のグラフ シートに表示します。
[Shift]+[F11]ワークシートが挿入されます。
[Alt]+[F11]Microsoft Visual Basic for Applications エディターが起動します。Visual Basic for Applications (VBA) を使用すると、マクロを作成できます。
[F12][名前を付けて保存] ダイアログ ボックスを表示します。
【ショートカットキー】【操作内容】
[Ctrl]+[方向]ワークシート内の現在のデータ範囲の先頭行、末尾行、左端列、または右端列に移動します。
[Shift]+[方向]選択範囲を上、下、左、または右に拡張します。
[Ctrl]+[Shift]+[方向]アクティブ セルと同じ行または列にある空白以外の最後のセルまで選択範囲を拡張してアクティブ セルにします。次のセルが空白の場合は、選択範囲を次の空白以外のセルまで拡張します。
[BackSpace]数式バーで、左にある文字を 1 文字削除します。 / アクティブなセルの内容を消去します。
[Delete]選択したセルの書式やコメントを維持したまま、セルの内容 (データや数式) を削除します。 / セルの編集モードで、カーソルの右の文字を削除します。
[Ctrl]+[End]ワークシートの最後のセル (右端の使用されている列の、最も下の使用されている行のセル) に移動します。カーソルが数式バーにあるときに Ctrl + End キーを押すと、カーソルはテキストの末尾に移動します。
[Ctrl]+[Shift]+[End]セルの選択範囲が、ワークシートの最後の使用されているセル (右下隅) まで拡張されます。カーソルが数式バーにあるときに Ctrl + Shift + End キーを押すと、数式バーのカーソル位置から最後までのすべてのテキストが選択されます。これは、数式バーの高さには影響しません。
[Alt]+[Enter]セル内で改行します。
[Ctrl]+[Enter]選択したセル範囲に、アクティブ セルと同じ値が入力されます。
[Shift]+[Enter]セルの入力が確定し、すぐ上のセルが選択されます。
[Ctrl]+[Home]ワークシートの先頭に移動します。
[Ctrl]+[Shift]+[Home]選択範囲をワークシートの先頭のセルまで拡張します。
[PageDown]ワークシート内で 1 画面下にスクロールします。
[Alt]+[PageDown]ワークシート内で 1 画面右にスクロールします。
[Ctrl]+[PageDown]ブック内で次のシートに移動します。
[Ctrl]+[Shift]+[PageDown]ブック内の現在のシートと次のシートを選択します。
[PageUp]ワークシート内で 1 画面上にスクロールします。
[Alt]+[PageUp]ワークシート内で 1 画面左にスクロールします。
[Ctrl]+[PageUp]ブック内で前のシートに移動します。
[Ctrl]+[Shift]+[PageUp]ブック内の現在のシートと前のシートを選択します。
Space]ダイアログ ボックスで、選択したボタンの操作を実行するか、またはチェック ボックスのオンとオフを切り替えます。
[Ctrl]+[Space]選択範囲が列全体に拡張されます。
[Shift]+[Space]選択範囲が行全体に拡張されます。
[Ctrl]+[Shift]+[Space]ワークシート全体が選択されます。
[Alt]+[Space]Excel ウィンドウのコントロールメニューが表示されます。
[Shift]+[Tab]ワークシート内の前のセルに移動します。または、ダイアログ ボックスで、前のオプションに移動します。

Windows 用 Excel (エクセル)ショートカットキーまとめ

今回は、Windows 用 Excel (エクセル)ショートカットキーを紹介しました。

Excel で活動して仕事する時、 ショートカットキー を覚えば、楽なります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です