Microsoft Office にある 32bit と 64bit とは?bit違いやメリット

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Microsoft Office の 64bit 版と 32bit 版の違いとやメリットついて解説いたします。
Office には、インストールできるバージョンが32 ビット版と 64 ビット 版 2 つあります 。どのバージョンを選択すればよいですか? 。この記事で詳しく説明します。

 Microsoft Office にある 32bit と 64bit とは?bit違いやメリット

32 bit と64bitの違い

64 ビット アプリケーションは、32 ビット アプリケーションよりも多くのメモリにアクセスできます 。

32bit版で処理出来る最大量は4GB。

64bit版で処理出来る最大量は32GB。

OSが64 bit の場合は、32 ビット版の Office または 64 ビット版の Office をインストールすることができます。逆に、32 ビット版の Windows を使用している場合は、32 ビット版の Office のみをインストールできます。Office 2016 for Mac は 64 ビット版でのみ使用できます。

64 bit 版のメリット

ご利用しているパソコンで 64 ビット版の Windows が実行されている場合、64 ビット Officeをインストールすると32 ビット Officeよりも多くのメモリにアクセスできます。このため、シナリオに大きなファイルや大きなデータ セットの操作が含まれている方にはオススメです。

複雑な計算、多くのピボットテーブル、外部データベースのへの接続、PowerPivot、PowerMap、3D マップ、PowerView、Get & Transformなどを利用している大規模なExcelなど非常に大きな処理を行う場合パフォーマンスが向上する。

PowerPointで容量の大きな画像、動画、またはアニメーションを処理する場合のパフォーマンスが向上する。

Project で 2 GB を超えるファイルを操作している場合のパフォーマンスが向上する。

アドイン、ドキュメントレベルでのカスタマイズなど社内でOfficeソリューションを開発している場合、64bit版を利用すると32bit版・64bit版2つのソリューションを提供できるようになる。

DEP(データ実行防止※1)が始めからOfficeに適用されているため、セキュリティ保護を強化できる。

32 ビット版を選択する理由

1. Excel等と違ってAccessは32 bit /64bitで作成されたデータベースファイルに互換性が無いらしいのです.

2. MS-Officeは32bit版が事実上のスタンダード

3. Excelでも64bitでは困ることが出てきました。64bitのExcelではCOMアドインが使えないという仕様上不便な事があるのです。COMアドインを使う前提で作られたブックが動作しない可能性があります。という訳で64bit版Excelを使うメリットは大き過ぎる程のデータを扱う時以外なさそうです.

4. Office 2016を使う場合は素直に32bit版をインストールする事をオススメします。

5. 一般の用途では64 bit 版のExcelは意味がないと思われます。意識的に64bit版Excelを使用したい場合は、ユーザーが明確に「機能の制限があっても64bitを使う」んだと意識出来るようにインストーラを工夫して欲しいとマイクロソフトには強く言いたいです.

6. Accessデータベースが32bit版、64bit版で移動不可。

7. ActivXコントロールとCOMアドインの動作不可。

8. 埋め込みオブジェクトとOLE機能の問題

9. グラフィックス描画の問題

10. VBAの32bitと64bitの互換性の問題

11. 複数バージョンのOffice共存の問題(32bit版は可能、64bit版は不可)

ネットブログから引用しました。

まとめ

32bit 版と 64bit 版の違いは意外と知らないことが多いので、どちらをダウンロードするのが正解なのか悩んでしまいますよね。

32 ビット版 Office と 64 ビット版 Office のどちらにするかを決めるときは、自分が何を必要としているかを考えてください。

大量のデータを処理する Excel のパワー ユーザーである場合や、2 GB より大きなファイルを使用する必要がある場合は、より多くのメモリを使用できる 64 ビット版 Office の方がメリットがあります。そうでない場合は、32 ビット版 Windows と 64 ビット版 Windows のどちらの環境でも、既存の 32 ビットのコントロール、アドイン、VBA との互換性を考えて、既定のインストールでは 32 ビット版 Officeをお勧めしています.

人気記事

Tags