Office365 Home サブスクリプションの対象ユーザー数は「6人」!共有方法は?

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Office365 Home所有者はサブスクリプションを最大5人のユーザーと共有できます。即ち、Office365 Homeでは1つのサブスクリプションライセンスで6人のユーザーが利用可能。

Office365 Home サブスクリプションとは?

Microsoft社は、Office365 Homeをサブスクリプション型の個人向けサービスとして2013年から販売されています。

Office365 Homeの基本特徴は:

  • Word、Excel、PowerPoint、OneNote、Outlook、Publisher、Accessが利用できる
  • オンラインストレージ「SkyDrive」の容量20GB
  • 毎月60分通話できるSkype通話プランが付帯
  • インストールできる台数が無制限

Office365 SoloもOffice365 Homeと同じに個人向けライセンスですが、Office365 Soloは1つのサブスクリプションライセンスで1人のユーザーしか利用できません。

Office365 Homeでは1つのサブスクリプションライセンスで6人のユーザーが利用可能。

Office365 Home サブスクリプションの共有方法を見ていきましょう。

Office365 Home サブスクリプションを共有する方法

1、Microsoftアカウントの[共有]ページにサインインします。 Office365 Homeサブスクリプションの設定に使用したものと同じMicrosoftアカウントを使用してください。

2、「共有」タブで、「共有開始」を選択します。

注:「共有」タブ(または「共有」タブに「Officeの共有」)が表示されない場合は、Office365 Homeサブスクリプションの所有者ではない可能性があります。 他の人と共有しているOffice365 Homeサブスクリプションを使用している場合、または別の種類のOffice365サブスクリプションを使用している場合、そのサブスクリプションを他のユーザーと共有することはできません。

3、「Officeの共有」ポップアップで、「メールで招待」或いは「リンクで招待」を選択します。

「メールで招待」を選択した場合は、共有先ユーザーのメールを入力し、「招待」、「了解」の順に選択します。他のユーザーを招待する場合は、「他のユーザーを招待する」を選択します。

「リンクで招待」を選択した場合は、コピー アイコンを使ってリンクをコピーし、Office の共有に招待するユーザーにリンクを送ります。

手順3で「メールで招待」を選択して、この人をMicrosoftファミリーに追加したい場合は「招待」を選択します。 後でいつでも追加できます。 Microsoftファミリーを作成することの利点については、「Microsoftファミリーとは」を参照してください。

Office365 Homeは日本でも使えるの?

Office365 Homeは、日本の公式サイトで販売されていませんが、ネットショップから購入して使うことができます。

Microsoft公式サイトでは年額99.99ドルで発売され、約11,000円になりますが、日本のネットショップからはこれより安く購入できます。

参考:Office365 Homeの購入案内

まず、上記のサイトからOffice 365 Homeの1年版を購入します。すると、メールでOffice 365 Homeのプロタクトキーがメールで送られてきます。

Office 365 Homeのダウンロードとインストール方法は以下の通り:

MicrosoftのOffice.comから直接インストールを行う製品です。セットアップ後、 Office365は www.office.com/myaccount からインストールできます。

1. アカウントをセットアップして Office を初めてインストールする必要がある場合は、https://setup.office.com にアクセスしてください。
2. Microsoft アカウントでサインインします。お持ちでない方は Microsoft アカウントを作成してください。
3.その後に言語の設定のページになりますが、そこでは日本語はありませんのでとりあえず英語にしておく。
4.ログインした後最初に表示されるページにofficeのインストーラーダウンロードするところがあるのでそこに言語の設定があるので日本語に設定.
5.Office 365 をインストールしたいデバイスからインターネット環境に接続し、マイ アカウント ページから開始してください。

プロタクトキーが書かれているメールにもダウンロードとインストール方法の案内のURLがありますが、クリックだけで、手順通り操作すれば、簡単にインストールできます。

人気記事

Tags