Office 365 Solo とOffice 365 Business の価格と購入方法の違い!

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Office 365の個人むけプランである Office 365 Solo と法人向けOffice 365 Business の購入方法や価格を比較してみました。

Office 365 Solo とOffice 365 Business の価格と購入方法の違い!

今年の後半で Office 2019 が発売されることで、Office 2019 を購入するには永続ライセンスを購入するか、あるいは Office 365 を契約するという選択肢があります。

Office 365 は常に最新の Microsoft Office を提供しているサービスなので、現時点でOffice 365 を契約していれば Office 2019 がリリースされる際に追加費用無しでアップグレードすることができます。

そのため、個人で Office 365を購入するにあたり、Office 365 Solo とOffice 365 Business のどれを契約するに悩むでしょう。今回両者の購入方法と価格などの違いを紹介します。

まずは両者の機能比較表をご覧ください。

 Office 365 BusinessOffice 365 solo
Word
Excel
PowerPoint○  Office 365 Business
Outlook
Publisher
OneNote
Access
OneDirveOneDrive for Office 365 Business 1TB
Skype無料通話Skype for Office 365 Business 60分間の無料通話
インストール可能台数5台2台
価格11,664円(年)12,744円(年)

Office 365 SoloとOffice 365 Business の比較表によれば、Skype無料通話、OneDriveとインストール台数、そして価格が違います。それでは購入方法を紹介して行きます。

Office 365 Soloの購入方法

Office 365 Soloは、年間 12,744円 で最新版の Office アプリケーションが利用できる Microsoft のサービスです。このサービスを利用すると Windows PC 、Mac 、タブレット、スマートフォンなどを使っているかに関係なく、Office をお使いいただくことができます。なお、同時にサインインできるデバイスの台数は 5 台までです。

マイクロソフトの http://office.microsoft.com /にアクセスします。無料で一ヶ月試す選択もありますが、1年間の契約なら 16% お得になります。そのため、Office 365 Soloは年間契約の方がお得です。

office-365-solo

Offile 365 Solo ページの「今すぐ購入」をクリックすると、Microsoft アカウントのサインインページが表示されるので、アカウントをお持ちでない方は画面右下の「新規登録」からアカウントを作成しましょう。アカウントを持っている方は Microsoft アカウントの「メールアドレス」「パスワード」を入力し、「サインイン」しましょう。サインインすると「お支払い方法の選択」が表示されます。「クレジットカード」あるいは「PayPal」をクリックします。最後に「購入」をクリックします。

Offile 365 Soloはマイクロソフトアカウントから管理できます。マイクロソフトアカウントからOffile 365 Soloダウンロードしてインストールできます。Skype 無料通話、OneDrive などもマイアカウントから管理します。

Office 365 Business の購入方法

Office 365 Businessは、法人向けとして提供されていますが、個人でも使えます。家庭向けとされているOffice 365 Soloよりもインストール可能な PC 台数が多く、しかも料金も少し安いのでOffice 365 Businessのサブスクリプション契約をする方が結構います。

上記の比較表では、Office 365 Businessで使える OneDirve がビジネス用1TBまでと書かれています。その原因は、Offile 365 SoloとOffice 365 Businessの管理するマイクロソフトアカウントが違います。

Offile 365 Soloは、個人用のマイクロソフトアカウントで管理できますが、Office 365 Businessでは今まで使用していた Microsoft アカウントを持っていても、それを使うことはできません。新規でビジネス用のアカウントを作成します。ビジネスアカウントは「ユーザー名@会社名.onmicrosoft.com 」となります。この「ユーザー名」と「会社名」を自分で決める必要があります。

Office 365 Businessの契約の時に、姓名、勤務先の電子メールアドレス、勤務先電話番号、会社名、組織の規模を入力します。個人の場合、会社名には自分の名前を入力しておけば問題ありません。組織の規模は「 1人」を選びます。

年単位、月単位の購入方法を選んで、クレジットカードで払えば、ビジネスアカウントが作られます。ビジネスアカウントとパスワードを入力して、Office 365 Businessをインストールすることが可能です。

最後に

Office 365 SoloとOffice 365 Businessの購入方法や価格を比較してみました。両者は個人で使えますが、契約方法と価格が違いますね。Office 365 Businessは、5 台までインストールできることで、Windows ・Mac と OS を問わずにインストールできるので、PCを3台以上所持している方におすすめです。所持 PC が2台以下であれば、Office 365 Soloで十分ということです。

価格については、Office 365 Businessが年間 11,664円 でOffice 365 Soloより安くなっています。更に、Office 365 の購入で価格を重視していれば、Office 365 Home が年間契約で9,900円で提供されています。

人気記事

Tags