> > Microsoft Office Home and Student 2016 (PC1台/1ライセンス)日本語版
Microsoft Office Home and  Student 2016 (PC1台/1ライセンス)日本語版
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Microsoft Office Home and Student 2016 (PC1台/1ライセンス)日本語版

  • PC1台/1ライセンス Windows版。
    Microsoft正規品プロダクトキーです。
    日本語を含む世界各国の言語に対応。
    永続ライセンスのダウンロード版です。
    製品にはプロダクトキーのみです。DVDメディアなどは同梱されません

¥ 9,800 税込

数量
商品説明

Microsoft Office Home and Student 2016(PC1台/1ライセンス)日本語版
常に最新バージョンに無料でアップグレード可能!
ダウンロード版のでプロダクトキーをメールで送ります、「箱」の商品ではありません。

含まれるアプリケーション:

Word2016

Excel2016

PowerPoint2016

OneNote2016

Word

最新の編集ツール、レビュー ツール、共有ツールにより、プロ クオリティのドキュメントを作成して共有できます。 新しい [デザイン] タブでは各種機能にすばやくアクセスでき、スマート検索ではインターネット上の関連情報を Word 内で直接確認することができます。

Word

Excel

一新されたユーザー インターフェイスと使い慣れたキーボード ショートカットにより、今までにない直感的な方法でデータを分析および視覚化できます。 分析ツール、スライサー、数式パレットなどの機能を活用して作業効率が向上するため、ユーザーは有用な情報を見つけ出すことに集中できます。

Excel

PowerPoint

新しい画面切り替え機能と改良された [アニメーション] タスク ペインにより、アイデアの創出、コラボレーション、効果的な発表が可能になります。 スライドの横にコメントをスレッド表示させることができるため、フィードバックを効果的にプレゼンテーションに反映させることが可能です。

PowerPoint

OneNote

自分だけのデジタル ノートで、メモ、アイデア、Web ページ、写真、オーディオ、ビデオなどすべてを 1 か所でまとめて管理できます。 自宅、職場、外出先など、場所を問わずどこからでもアクセスでき、ほかのユーザーと、アイデアや情報の共有およびコラボレーションを行うことができます。

OneNote

※※本商品はプレインストール版なのでインストール用CDなどついておりません※
インストールにはインターネット環境が必要です。
対応OS:Windows 10、Windows 8.1、Windows 8、Windows 7 Service Pack 1、Windows 10 Server、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012、 または Windows Server 2008 R2
この製品はプロダクトキーをご購入いただき、MicrosoftのOffice.comから直接インストールを行う製品です。

ダウンロード方法

1.https://officesetup.getmicrosoftkey.com/にアクセスします。
2. 25文字のプロダクトキーを入力し、画面に表示される指示に従います。
3. Microsoft アカウントでサインインします。お持ちでない方は Microsoft アカウントを作成してください。
4. 「インストール」ボタンよりPCにソフトウエアをインストールします。


評価およびレビュー
レビューを書く
1–8/1 レビュー この商品に対するお客様の声
  • ★★★★5
    結論として、インストールが成功したと 思っています。
    「SoftEther VPN Client」というソフトをダウンロードし、接続先の国が日本以外で接続し、プロダクトキーを入力し、進むことができました。その後、インストーラがダウンロードされ、実行し、「インストール中」の画面がでていました。(インストールが中々終わらず、外出の用事があったので、外出。)帰宅後、再起動?がかかったのか、インストールは終了していた様子だった(各officeソフトがあったので)ので、エクセルを起動し、マイクロソフトアカウントでサインインし、アカウントのところを確認すると「ライセンス認証が必要です。」との。 インターネット経由は、エラーが出たため、電話にてライセンス認証をチャレンジ。 ガイダンスに従い、手続きを行った結果、「ライセンス認証された製品」となりました。